経営の考え方

以前、女子大生のなりたい職業ランキングの中に「キャバ嬢」がランクインした事はニュースでも取り上げられましたが、さすがに「風俗嬢」がランクインする事はこの先もないでしょう。

しかし、風俗で働かなければならない女性が年々増えて来ている事は事実なのです。
国税庁発表の「国民給与の実態調査」によると、2014年度の会社員の平均年収は408万円でした。しかしこれは、男女を合わせた数字です。男女別に算出すると男性が約500万円、女性は約270万円であり男性の約半分という差が存在するのです。

そんな中、母子家庭の世帯数は年々増えているのが実情です。そのうちの半分の世帯は貧困状態にあるとも言われており「明日の食費がない」という生活が普通に存在しています。
風俗で働く事で安定した生活を営む事が出来ている家庭がある事は周知の事実。しかしその社会的地位は低く、不動産審査やクレジットカードの作成、保育所の申し込みなど、職業が風俗ともなると相手にもしてもらえない事が多いのです。

これは何も女性に限った事ではありません。男性従業員にとっても同じ事が言えます。
この肩身の狭い思いを私自身が経験して来たからこそ、ナイトレジャー業界の”未来を変えたい”と本気で思うのです。
そんな思いを基に株式会社BLOOMの企業理念、経営姿勢、行動指針は誕生しました。

企業理念

・ナイトレジャー業界に関わるすべての人々の社会的地位を確立させ幸せな未来を築く。

・企業価値だけではなく、業界全体の価値を高めていくリーダーとなる。

・全てのクライアントと深い信頼関係を構築し、社会貢献に向けた共存共栄の精神を養う。

経営姿勢

・調和を大切にし、全ての人に誠実に向き合う

・前向きに、決して諦めず、挑戦し続ける

・具体的な目標を掲げ、成長し続ける

行動指針

・何事も徹底的に拘り妥協しない

・1%の可能性を追求する

・どんな相手に対しても尊重を忘れない